タウンボックス ラジエター 水漏れ

タウンボックス U61Wノンターボ H14年式 冷却水が少しずつ減ります。

下から見ても水漏れは確認できません。
しかし少しずつ漏れてるのは確実です。 リザーバータンクの水は減っていきます。
ラジエターを外して確認してみます。 エンジンの圧縮は規定値以上あるのでガスケット抜けではなさそう。
グリルを外してコンデンサを外します。

コンデンサは配管があるので紐で吊っておきます。

圧がかかってない時は漏れてないので、ラジエターテスターで1kg/cm2くらい圧をかけてみます。

しばらく放置してるとじわっと漏れてきました。 

ドレンコックの右側のフィンから滲んできてます。 その水が伝わってドレンコックのあたりに水滴となってます。
この場所はちょうどエアコンのドレンホースがきてるので薄くなったLLCが漏れても気が付かないでしょう。
エアコンの水かと思ってしまいます。  ラジエター交換となりました。t
タウンボックスのラジエターはミニキャブバンとかと互換性がある場合が多いです。
ATもMTもあまり関係ないです。 ATのオイルクーラーはラジエターに内蔵されてないからです。

LLCを入れてラジエタドレンコックの後ろ側に下りてきてるホースのプラグを外してエアー抜きをします。

オーナーさんが水温が上がってないのにオーバーヒートするって言ってたので、念のためにセンサー関係も
テストします。 水温ゲージセンサーと水温センサーはシフトレバーの下にあります。
車によっては水温センサーはマニホールドの後ろにあります。 センサーの抵抗値を測ります。
これは正常でした。 ハーネス側にも抵抗をつないでテストします。 ゲージセンサーには
30オームくらいを入れると水温メーターが振り切ります。 水温センサーは250オーム以下を入れると
ファンが回り出します。 それぞれチェックして正常なのを確認します。

抵抗値を240オームにしたらファンが回りました。  この車はファンコントローラーが無いタイプです。
ONかOFFだけ確認します。

水温ゲージも正常に振れてます。

ラジエターキャップはとても重要です。 ほとんどのタウンボックス、ミニキャブは圧が抜けてます。
この車は特に酷いです。 圧が完全に抜けてます。 沸点100℃で沸騰してしまいます。
水温ゲージが上がらなくてオーバーヒートの症状になる原因です。

新品のラジエターキャップは1kg/cm2で保っています。

タウンボックス U61Wターボ車 今度は別の車の水漏れ修理です。
ウォーターポンプから水漏れしてます。

これは交換するしかないので、タイミングベルトカバーを外します。
まずはクランクプーリーのボルトを外します。
インパクトレンチでも緩めますが、今回はATを取り付けてる下のボルトを外して
リングギアーにタイヤレンチを噛まして緩めます。 最後に締めるときもこの方法で締めます。

邪魔なターボのオイルリターンパイプは少しずらしてP/Sポンプのブラケットを外します。
超薄型のメガネやスパナが必要です。

タイミングベルトは交換済みだったのでクリップでずれないように留めて、テンショナーを外してウォーターポンプを交換します。 カムシャフトの安定した位置でマーキングをしておきます。

ラジエターに圧をかけて点検します。 

エンジン後部のターボのクーリングホースから水漏れしてます。 これも2本交換します。

手が入りにくいのでちょっと大変です。 

今回はホース2本だけで済みましたが、インマニ下の配管が腐食してる場合も多いので
その場合はインマニを外して交換します。
最後に圧力テストをして完了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください