エンジン異音(ガラガラ音) ピストン交換 タウンボックス 3G83

タウンボックス U61Wターボ 平成18年式  3G83エンジンのターボ車です。

エンジンからアクセルオン時にガラガラと音がします。 ディーゼル車のような音です。
タペットクリアランスはOKでした。 補機類のベルト外してエンジン単体でも音はします。
音からしてピストン首ふり音(フラップ音 スラップ音)かもしれません。 このタイプの車は車載状態で
ピストンとコンロッドは交換できます。 
タイミングベルトを外したらインマニを外します。 水、油は抜いておきます。

ヘッドガスケット交換の要領でヘッドを外します。 今回はターボも付けたまま外しました。
オイルパンを外し、コンロッドキャップを外してピストンを上に抜きます。

車載状態なのでオイルラインや水回りにゴミが入らないように気を付けて掃除します。

ピストンは 線傷が少し入っています。 これは音の原因ではなさそうです。
問題はピストンピンの切れ込み辺りが摩耗しています。 首ふりではなくて
斜め方向のガタがあるのでしょうか。  タウンボックス、ミニキャブにはよく見る現象です。
エンジンが傾いてる為に上側のシリンダーが油膜切れを起こすのかもしれません。

右側が外したピストン、左側がEKスポーツから取ったピストンです。 右のは摩耗してるのがわかります。

ピストン3個交換します。 コンロッドのメタルもついでに交換します。
コンロッド大端部の刻印とクランクシャフトの刻印でメタルを選定します。
今回はクランクシャフト刻印は3個ともB コンロッドの刻印はⅡ Ⅱ Ⅰ なので NO3だけ茶色を使います。

プラスチゲージでクリアランスを測定します。 規定値の0.02~0.04に入っています。 限界値は0.1mmです。

ピストンを付けて、外した部品を組んでいきます。

YOUTUBEで音が聞けます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください