タウンボックス(ミニキャブ) ノッキング プラグ交換 

タウンボックスの NA 長い坂を登ってる時に ノッキングがひどいです。 ノッキングが出て 止まってしまう
事もあります。 デトネーションやプレイグニッションのような感じです。 プラグを点検すると 溶解まではしてませんが、明らかに焼けすぎです。  とりあえず  熱価を5から6に変更してみました。 三菱も 熱価を6にするように推奨しています。交換後は 長い坂でも ノッキングは起こりません。 おそらくプラグが焼け過ぎで消耗してたのでしょう。
 
 
 
念の為に コンプレッションを測ってみました。
 
3気筒とも 規定値の14kg/cmでした。 
 
また違う車のタウンボックスNAのノッキングです。 デンソーのイリジウムが入ってましたが、電極が摩耗しています。  プラグをZFR6F-11に交換してみました。 純正のZFR5F-11より熱価が高いコールドタイプです。
同時にコイルも他の正常なのと交換しました。  結果 ノッキングは直ったみたいです。
でもコンプレッションを測ってみると圧縮が16kg/cm2くらいあります。 正規より高いですね。
ピストンにカーボンでも堆積してるのでしょうか。 この年式のNAエンジンにはノックセンサーが
付いてないですから進角の補正はしてくれないです。 ハイオクでも入れればいいかもですね。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください