ライトエーストラック ヒッチメンバー取り付け

ライトエーストラックにヒッチメンバーを取り付けます。

このヒッチメンバーはバネットトラック(ボンゴトラック)に付けてたのを車両売却のためライトエーストラックに付け替えます。
バネットトラックの記事 https://blogs.yahoo.co.jp/mitsubishih58a/15518145.html 
そのため少し加工します。ライトエーストラックもバネットトラックもフレームの幅はほぼ同じでした。余分な部分をカットして、仮付けしてみます。

ナンバープレートは移設しないといけません。
バネットトラックのフレームはコの字型でしたがライトエーストラックは薄い鉄板で塞がれてロの字型になってます。 フレームに穴を開けました。
これで仮に取り付けて外側の横から幅100mmX長さ200mmの鉄板を当てて横側からもボルトで留めます。その鉄板をヒッチメンバーのステーに溶接します。
取り付けたまま点付けで溶接して、取り外して溶接します。

サイドの補強板に穴を開けました。

車に付けて仮溶接してから外して溶接しました。  溶接屋さんに頼む予定だったのですが、あいにく留守だったのでしかたなく自分で溶接しました。 

2.5mmφ で直流100Aくらいでやりました。 

アーク出しながら写真を撮るのは難しいです。 実際は100Aくらい上がってました。

調整ダイアルをMAXにして100Aでした。  中華のCT-416 200V溶接機は2.5mmφが限界みたいです。 これより太い棒でやると溶け込みが弱くなります。

シャーシブラックを塗りました。

補強板前側のボルトを留める為に回り止めナットをフレームの開口部から入れます。

鉄板にナットを溶接して5mmの棒を溶接します。

棒にはサンダーで切れ込みを入れてねじると切れるように加工します。
ボルトが留まったら棒をネジ切って抜きます。

取り付けボルトは 強度区分10.9 のM10ハイテンションボルトを使います。

フレームと荷台のステー用に3個の既設ボルト穴があるので3本のボルトは元々付いてた

のを使い前と後ろに1個づつM10のボルトで留めます。 下からM10ボルト2本とで
合計7本で留まってます。

ナンバープレートを右にずらしてボールマウントが付けれるようにしました。

この車にもバックカメラを付けます。
古い2DINナビを1000円くらいで買ってモニターにします。 サンヨーのHDDナビHD1000を取り付けます。 

純正ラジオのステーで問題なく付けれます。

運転席足元にあるECUのカプラーから車速信号を取ります。 ABS付きなのでABSコンピューターから取ってもいいですが、ABSの奥にあるECUから取ります。

ライトエーストラック旧型のカプラー図です。 ガソリン車の7Kエンジンは16Pカプラーの黒い部分が車速信号です。 カプラー図は配線の出てる方から見てる図です。

間違うと大変です。 車速信号を確かめるのはテスターのHZレンジで計測して、少し走ってみたらHZが上がっていきます。 

バックカメラをバックギアと連動するのと、常時バックカメラが映るのを切り替えるスイッチを付けます。 これはトレッカーで引っ張ってる時に常時後ろの状態を確認するためです。 ONーOFF-ON のトグルスイッチで切り替えます。

----------------------------------------------------------------------—-
2018/09/09
走行中違和感を感じてましたが、近くだったのでそのまま走行。
発進時とか引きずる感じで、クラッチかブレーキの焼けた臭いがしてきました。
スピードを出さずにゆっくりと車庫まで帰る途中、あと100Mくらいの所で
ブレーキペダルが床までスコーンと入ってしまいました。
恐ろしいです。 ポンピングするとなんとか止まりました。
キャリパーのピストンが固着して戻らなくなってたみたいです。
ベーパーロックになったのでしょう。 

右側のホイールが熱くなってたので右のキャリパーの固着です。

ピストンは固着してるので右のキャリパーだけ外してブレーキペダルを踏んでも
出てきません。 全体重をかけて踏んでやっと出てきました。

昔は車検毎にキャリパーOHしてましたが、最近はあまりやらなくなりましたのでこんな

事になるのでしょうね。 

綺麗に洗浄して組み付けます。

OH時の消耗部品はすべて入ってるので便利です。

2018/12/07
ライトエーストラック ディスクパッドとローターを交換します。
完全に固着してしまってるので少し温めます。
取り外し用のネジ穴はついてませんでした。

新品の社外品には取り外し用の穴が付いてます。

ローターは酷い腐食です。 これでもちゃんと効いてたのが不思議なくらいです。

パッドは買ってたのですが、ローターを買うまで換えずに我慢してました。
これで下り坂も安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください