コマツ FG-15 ブレーキ効かない

コマツのフォークリフトFG-15 ブレーキが効きません。

全体重をブレーキペダルにかけてやっと効きます。
あまりブレーキを使わないのですが、ブレーキの効かない乗り物は危険です。
止めるときはサイドブレーキで止めます。 サイドブレーキで止まると言うことは
ブレーキのメカニカルな部分は大丈夫ということです。後は油圧関係ですね。
マスターシリンダーは何年か前にOHしたので、ホイールシリンダーの固着みたいです。
マストの下に当て木を置いてチルトを下げて前輪を浮かします。

ホイールとドラムをセットで外すことも出来ますが、重たいのでホイールを外してから
ドラムを外します。

巨大なナットを緩めます。 回り止めのM6ボルトを外してからタガネで叩いて回しました。
こんな大きなスパナは持っていません。

前輪は片方ずつ上げるとデフオイルの流出が少ないみたいです。
両方上げるとかなり出てきます。 ウエスで真ん中の穴をふさぎます。

ドラムが固着してる場合はプーラーで外します。

ピストンは完全に固着しています。 後ろ側はブレーキに全体重をかけたらなんとか
出てきましたが前側は残るので叩いて後ろ側に抜きました。

固着したピストン。 

洗浄したらまだ使えそうです。  カップはミヤコのWC-41016でした。
シリンダーは3/4”  カップは1000円くらいで10個入りが買えます。
一生分あります。

シリンダー側は耐水ペーパをホースに巻いて回しながら磨きました。
ラバーグリスを付けて組み、エアー抜きをすれば終わりです。
試運転では快適にブレーキが効くようになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください