ダルマジャッキ(ボトルジャッキ) 修理 

年代物のダルマジャッキー ジャッキオイルを入れて レバーを動かしても スコスコで上がりません。ダメ元で リリーフバルブや チェックバルブを 外して点検します。
左のジャッキは8tonです。 大きさから おそらく20Tonジャッキーかと思います
 
 
 
チェックバルブのネジは固く固着してるので ショックドライバーで緩めます。
 
 
 
リリーフバルブとチェックバルブ ゴミが噛んでないか点検して 清掃します。 チェックボールとスプリングは
吐出側と吸い込み側で2ヶ所あります。
 
 
 
ジャッキオイルを穴の高さまで満たして ゴム栓をします。
 
 
なんとか上がるようになりました。 
色塗って完成です
------------------------------------------------------------------------------------------–
前回のメンテから4年以上経って今度はポンプピストンからオイルが漏れてきました。
ピストンのリンクを外していきます。 C型リングでピンが留まってます。

シリンダー側に溝があって、そこにOリングが入ってました。

Oリングを交換して、ピストンにグリスを塗り装着します。

オイル漏れは止まったみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください