冷蔵庫 ルームエアコン 冷えない 修理

古いサンヨーの冷蔵庫 去年の夏は 霜が巨大化して 内部の循環ファンに当たり 冷えなくなってました。
電源抜いて 霜を溶かしてみたけど 3日くらいでまた 霜がはびこってしまいました。
根本的な原因を直さないとダメみたいです。
霜を溶かすヒーターをタイマーでスイッチングしてるようです。 
 
後ろのフタを開けたら プラスチックのボックスの中に タイマー、運転コンデンサ、起動コンデンサ が入ってます。
 
左のがタイマーです。
 
 
タイマーは手動でも動かせるので 真ん中の白いネジを回してみます。 手で回すと 霜取りヒーターが入りました。 もう少し回すと切れます。 どうやら タイマーが動いてなかったみたいです。
 
 
 
 
タイマー本体  近くのエディオンで注文しました。  交換後は順調に動いてくれました。
 
 
 
2013年2月 また冷蔵庫が冷えてません。 今度は霜も付かず コンプレッサーが動いてないようです。
また後ろのフタを開けて いろいろチェックしてみました。 過負荷リレー と PTCサーミスタ 、コンデンサ
 どうやら 過負荷リレー(オーバーロードリレー)が 死んでるみたいです。 導通無しで、 叩いたら導通有りになったりです。 高温になったり オーバーロードがかかったら切れるスイッチが切れっぱなしになってる感じです。  また EDIONで注文しました。 1800円 思ったより安かったです。
 
コンプレッサーに刺さってるのが 過負荷リレーとPTCサーミスタ 
 
 
 
左が過負荷リレー 右がPTCサーミスタ  
交換後はまた動き出してくれました。 昔の冷蔵庫は構造がシンプルだからいいですね。
 
2016年8月現在 快調に動いてます。 まだまだ使えそうです。
 ----------------------------------------------------------------------–
 
ルームエアコン故障 2016/7/10
倉庫代わりのコンテナに付けてたシャープのエアコンが効かなくなりました。
真夏はさすがに中に入って作業することはできません。 交換することにしましたが
原因を見てみます。

室外機の基盤に虫が入ってショートさせたようです。 焼け焦げてます。
何年か前にも基盤が壊れて交換したのですが、もうこのエアコンはかなり古いので
あきらめて取り替えます。 強制運転は出来るのでポンプダウンして撤去します。
沖縄ではヤモリが基盤をショートさせる故障が多くて、エアコンも対策品があるそうです。
当方は神戸でも山間地なので対策をした方がいいでしょうね。

今度はビーバーの2.8KWの古いのを入手しました。 ポンプダウン済みなので簡単に
取り付けられそうです。

カーエアコンの真空引きに使ってたコンプレッサー改造の真空ポンプです。
-1barくらいは引けます。

ホースは7/16-20UNF 1/4Fのネジを付けてます。 R12用ですがR22にも使えます。

R12用のマニホールドゲージはそのまま使えそうです。 高圧側は使いません。

虫押しの付いてる方を室外機の低圧につなげて室内機側を真空引きします。
最終的にガスを回して試運転します。

さすが2.8KWです。 すごく冷えます。 小さいコンテナには充分です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください