エアーコンプレッサー 止まらなくなった 修理 プレッシャースイッチ

エアーコンプレッサが 突然止まらなくなりました。 リリーフ弁が開いてしまいました。
非常に危険なので 修理します。
 
 
まずはプレッシャースイッチを点検  

スイッチON-OFFの幅を調整するスプリングが外れて変に引っかかってたみたいです。
スイッチ部単体でのテストは良好でした。 
 
 
 
 
 
後ろ側に付いてる ストップ時にシリンダーの圧を抜くバルブも調整 無負荷時で0.5~0.7mmの間隙
 これが狂うと 常時エアーが漏れたり 再起動時にモーターが回りにくくなります。
 
 
コンタクト部は綺麗で 作動も良好です。
 
 
設定で止まってから再起動する圧の幅を調整するネジです。 左に回すとタンク圧が少しでも減ると再起動します。 右に回すと かなり減ってから再起動します。 
 
 
タンク圧が上がるとスプリングを縮めるように下部のプレートが上がってきます。 リンクしてるレバーが
スイッチを切るように動きます。
 
 
 
スイッチ本体の上に付いてる調整ネジが 設定圧を決めるネジです。 左に回すと高圧になります。
タンク圧が低い時はスイッチの導通が継ります。 
 
設定圧になると切れてスイッチの導通が無くなります。
 
しばらく動かしてみて 動作確認。 設定圧で止まるのを確認。  再起動の圧も確認。
買い換えるのももったいないので もう少し頑張ってもらいたいです。
コンデンサーも 起動用と運転用と スペアを用意してますので。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください