ウインチ チルホール修理 

木をチェーンソーで倒すときに倒れる方向に誘導するウインチです。 チルホールと呼ばれてます。
レバーを動かすとワイヤーが送り出されていってワイヤーの長さ分、引くことができます。
ウインチのように巻き込んで行くのではなく送り出すので30Mのワイヤーが有れば30M引っ張れます。
引っ張り荷重は大きいチルホールで1600kg、 小さいので800kgです。
スタックした車を引っ張るのにも便利です。  今回 このチルホールが故障したので修理してみます。

800kgの方のチルホールがワイヤーを戻せなくなりました。 上部に3本あるレバーの中央のレバーが戻す方です。 左のレバーは引っ張り。 右のT型レバーがワイヤーをフリーにするレバーです。 

レバーとつながってるコネクチングロッドのピンが外れてしまってます。 円盤の中心のEクリップも無くなってます。

左のコネクチングロッドが曲がってしまってます。 

ガストーチで熱して曲げてみました。

なんとか戻りました。

Eクリップが飛んでしまったのか、最初から付いてなかったのか、それが原因でピンが抜けて

コネクチングロッドが曲がり、レバーとつながってるピンも抜けたみたいです。 
グリスアップして完了です。 
組み上げてテストしてみたら、以前はワイヤーをフリーにするレバーがすごく固かったのが軽くなりました。
引っ張り、戻し共、快調になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください