ブレーキ ディスクローター 修正

パジェロミニ ブレーキをかけるとガタガタする。 ブレーキジャダーのようなのでローターを削ってみました。 ハブベアリング不良でもジャダーが出ますがハブは問題なさそうでした。 ミニキャブ系はハブベアリングが摩耗してジャダーが出ることがあります。ローター交換しても直らないと悲しいですよね。






スクラップのローターを削ってみます。 フライスの主軸にチャックを付けてスペーサーを介して取り付けました。 取付け面の振れは1/100mmくらいです。
ジャダーの起こってるローターのディスク面は0.2mmくらい振れてました。
純正ローターはねずみ鋳鉄なので削りやすいですが鋳物なので綺麗に仕上げるのは難しいです。 







表面は主軸を逆回転させてバイトを下向きに付けて削ります。
鋳物の切りくずは細かい砂のようになるので掃除がたいへんです。切削油は無しでゆっくり少しづつ削ります。ローターを直接チャッキングしたらビビリが酷かったのでスペーサーにボルトで留めてからチャッキングしました。





裏面は正回転で下から削ります。 バイトの向きも反対です。
タンガロイのホルダーに80°ネガチップ付けてます。




ピックゲージで0.02くらいに収まりました。 スクラップのローターを削って大体の切削条件が分かったのでこの後パジェロミニのローターも削ってみました。チャックに咥えて振れを無くすのに時間がかかりました。取り付けで振れてたら削っても意味がないですし。 テスト走行ではジャダーも直りブレーキの踏み具合も良くなりました。 
ディスクローターの振れは限度値 0.06mm ハブの軸方向の振れは限度値0.05mmです。 ディスクローターの厚みは 限度値20.4mmです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください