ケルヒャー高圧洗浄機 修理 

ケルヒャー K5.20 動かないので修理してみます。
電源入れてスイッチ入れてもモーターからは全然音がしません。
よくあるスイッチの接点焼けのようです。






黒く焼け焦げてました。 スイッチの抵抗値はONでも∞です。 とりあえず
スイッチの配線を直結して動かしてテストしてみます。





直結してビニールテープで絶縁して電源を入れてみると元気に動きました。
スイッチの故障で決定です。  スイッチを交換したら直るのですが、
部品が手に入らないです。 ケルヒャージャパンに聞いてみたら内部部品は
供給できなくて修理で対応とのことでした。 





海外通販のサイトに売ってました。 ヨーロッパなので送料が高いです。
3800円ほどになりました。  普通のスイッチなら1/10くらいで買えるのに
痛い出費です。 
ケルヒャー KARCHER スイッチ 6.631-946.0




部品が来たのでスイッチを交換したら、プレッシャーがかかってガンのレバーをOFFにすると電源は切れるのですが、ON、OFFスイッチでOFFになりません。
スイッチボックスのカバーを外して良く見てみるとOFFにするカムのような部品が180度反対になってます。 プラスチック製なので抜いて付け替えたらいいのですが、これが固くて取れません。 割れそうで怖いです。 





スイッチのノブにベアリングプーラーをかけてなんとか抜きました。
プラスチック製は割れたら終わりなので慎重になってしまいます。





スイッチの構造はかなりいいかげんな作りです。 スイッチの黄色矢印の部分を青矢印のカムで押して白矢印方向へスイッチ本体を動かしてるだけみたいです。
スイッチの角のような棒が支点になって板バネで戻す感じです。
プレッシャーがある程度上がるとスイッチの横のレバーが離れてOFFになります。 これで組み付けてテストしたら完全に直ってました。



















高圧洗浄機 ノズル自作 ケルヒャーに中華のランスを付ける

 
 
 
 
 
 
小さな機械部品を洗浄する時には小型の洗浄機で洗ってます。

軽くて持ち運びが楽なので便利です。 ケルヒャーの一番安い型ですが、
役にたってます。
 
 
 
 
 
 
 
 
ケルヒャーに取付け可能なガンの部分だけを買ってみました。
2000円ほどだったので衝動買いです。
 
 
 
 
ノズルも5個ついていてそれぞれ角度が違います。
 
 
 
 
 
ワンタッチで交換できるのも便利です。 実際に使ってみたら大型洗浄機用みたいです。
小型のケルヒャーにはノズル径が大き過ぎて噴射圧が少なくなってしまいました。
5個付いてるノズルの一番ノズル径の小さいのでも1mm以上あります。
 
 
 
 
 
一個壊して中のノズルを取り出してみました。 ノズルチップは段が付いてて内側から圧入してるみたいです。 かなりの締りばめなのでポンチとハンマーでたたいたくらいでは外れません。 バーナーであぶってもダメだったので旋盤で削って取り出しました。 ノズルホルダーは普通のステンレス
のようでしたが、ノズルチップは何の材質なのか分かりません。
すごく固い材質のようです。 ステンレスドリルでは刃が立ちませんでした。
 
 
 
 
 
 
同じ形状のノズルチップを作ってみます。  穴径は0.8mmで試してみます。
裏側から太い穴を開けて3mmほど残して貫通させました。
 
 
 
 
 
 
これを後ろ側からたたきこみます。
 
 
 
 
 
 
内側から入れてるので飛び出すことは有りません。
 
 
 
 
 
 
 
 
ワンタッチカプラーになってるのでランスに取り付けます。
 
 
 
 
 
 
 
 
これがケルヒャー純正です。
 
 
 
 
 
 
これが今回作った 角度0°穴径0.8mm です。  小さな部品とかを洗浄するのに使います。 洗浄範囲は小さいですがピンポイントで高圧洗浄できます。
 
 
 
 
 
 
 
 
ピンポイントなら純正より威力あります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください