プロペラシャフト 異音 ミニキャブ タウンボックス クリッパー

プロペラシャフト 異音 ミニキャブ タウンボックス クリッパー
クリッパーバンU71V(ミニキャブU61V) 走行中にATの辺りから金属のこすれるような音がします。カラカラ、とかシュルシュルとか高回転でこすれてる音です。特に登り坂でアクセルONで音がします。音の周波数は速度に対して比例しますが、リアアクスルシャフトのベアリングの音よりは回転数が高いです。デフより前ってことです。









タウンボックス ミニキャブ 修理

プロペラシャフト前部にこすれた跡がありました。









タウンボックス ミニキャブ 修理

カバーにもこすれた跡が。









タウンボックス ミニキャブ 修理

ミッションマウントのゴムは切れてますが、これは直接の異音の原因ではないでしょう。問題はマウントのステーが少し曲がってます。









タウンボックス ミニキャブ 修理

他のステーと比べると、やはり曲がってます。 上が曲がったステー。







タウンボックス ミニキャブ 修理

マウント交換します。







タウンボックス ミニキャブ 修理

マウントに付いてるウエイトの様な物とカバーの隙間がありますが、 交換前はウエイトがカバーに当たってました。 そしてカバーを少し下方向へ押してプロペラシャフトと当たってたみたいです。このステーはよく曲がるようです。 もしかしたらラバー切れで走ってると曲がるのかもしれません。これとは別に平成22~23年辺りの車はプロペラシャフトとエクステンション内の潤滑不足のリコールが出てます。 異音がしたら早くディーラーに持って行った方がいいです。 



ミニキャブ エンジンマウント交換
ミニキャブ(クリッパー)の車検整備で左のエンジンマウントが切れてしまってました。 まるでナイフで切ったようですが、マウントを外すと真っ二つになりました。車検の予約してたので部品を注文して待ってる余裕はありません。他のミニキャブのを外して交換しようかと思いましたが、探してみるとスペアのエンジンに右のマウントが付いてました。右と左は部品番号が違うので互換性はないみたいですが、比べてみたら全く同じサイズだったので付けてみます。

タウンボックス ミニキャブ 修理









タウンボックス ミニキャブ 修理

エンジンを持ち上げてマウントを交換します。 





タウンボックス ミニキャブ 修理

ミニキャブは簡単なので30分くらいで交換できます。後日左用の部品を買って再度交換します。







サーモスタット交換エンジンの水温が上がらないのでサーモスタットを交換します。センターコンソールを外します。 コインホルダーの下にもネジがあるのでコインホルダーを引っ張って外します。

タウンボックス ミニキャブ 修理








タウンボックス ミニキャブ 修理

シフトレバーとサイドブレーキをずらします。







タウンボックス ミニキャブ 修理

細いホースだけ外してサーモスタットを交換します。







タウンボックス ミニキャブ 修理

開いたまま壊れてました。 U61系は平成11年くらいで82℃から88℃に変更になってます。







タウンボックス ミニキャブ 修理

ついでにLLCも交換しました。 LLCを入れて水を足したらエアー抜きをします。ラジエターのドレンコックの後ろ側にあるエアー抜きのプラグを外してここから水が出るまでラジエターキャップ側から注水します。普通なら水が出るのですが、この車は水が出ません。 キャップ側も水が減りません。





タウンボックス ミニキャブ 修理

キャップ側に圧をかけてみたら、ブシューとエアー抜きホースからエアーが出ました。詰まってたのかな?  その後はエアー抜きホースから水が出るようになりました。ここが詰まってると永遠にエアーが抜けないですね。

———————————————————————-

ミニキャブ、タウンボックス、クリッパー リアーゲートの閉まりが悪くなるケースが多いです。 強くリアゲートを閉めても走ってるとガタガタ音がしたりします。キャッチ調整で直らない場合も多いです。 キャッチのボルトを緩めてキャッチを前後左右に動かしてみて調整します。 ガタがある場合は奥に動かせば詰めれます。 

タウンボックス ミニキャブ 修理







この車は宅急便で17万km走ってるのでドアの開閉もかなりの回数だと思われます。ラッチの摩耗とかでガタが出てるのでしょう。  リアのルームランプスイッチもドアを閉めても消えません。 

タウンボックス ミニキャブ 修理







リアゲートのルームランプスイッチはラッチの所にあります。ラッチ交換しないので、配線を切ってルームランプが点かないようにしました。

タウンボックス ミニキャブ 修理




タウンボックス ミニキャブ 修理



ゴムダンパーがへたってたり、ウェザーストリップが劣化してる場合は交換です。

タウンボックス ミニキャブ 修理





ダンパーの当たるボディ側にゴムシートを張ってみたらガタは無くなりました。

タウンボックス ミニキャブ 修理









やっぱりしっくりこないのでリアゲートロックを交換することにします。オートロックアクチュエーターとキーシリンダーとドアハンドルのリンクを外しロックのボルト3本を外すと取り出せます。

タウンボックス ミニキャブ 修理







見たところ異常はなさそうですが、部品どりのタウンボックスがあるので交換してみます。

タウンボックス ミニキャブ 修理





部品どりのタウンボックスのラッチは旧品番で少し形が違いますがオートロック車とは互換性はあるようです。ロックを外してミニキャブバンに付けてみました。

タウンボックス ミニキャブ 修理









しかしラッチを交換してもあまり変化は無かったので、ストライカーの調整穴を加工してみました。通常の調整位置の一番前側にずらせる穴を10mmほど削ってみたらガタは直りました。

タウンボックス ミニキャブ 修理







リアゲートのガタは無くなりましたが、 段差とかを乗り越える時に上下の振動で音がします。  今度はストライカーの下にワッシャーを入れて高さを調節してみたら完全に治りました。

タウンボックス ミニキャブ 修理







ワッシャーの厚みのスペーサーを作ってストライカーの下に敷きました。 ストライカーの水平方向の棒とラッチが当たって音が出てたのかもしれません。

タウンボックス ミニキャブ 修理

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください