スクラム キャリィ ISCV点検 アイドリング不調

スクラム トラック まれにアイドリングが低くて エンジンが止まります。 再始動で何事もなかったように快調になります。  エンジン圧縮は正常値です。 バルブクリアランス調整もしました。 クランク角センサー交換。  水温センサー抵抗値正常。 後はISCVを疑ってみました。
ソレノイドの抵抗値は4個とも正常値です。 カーボンが溜まってる様子もないし。
 
 
 
ISCの電圧を測ってみます。 イニシャライズ電圧を見てみます。 フリーソフトのハンディ・オシロスコープです。
プローブは1:10で分圧してます。 ISC AからDまで4個測ります。 これはA
 
 
 
 
4個とも見た感じ正常。 アイドルアップ時の波形です。 エアコンON時とOFF時 3個山がでます。 
 
 
 
ISCVのカプラー裏に針型プローブを刺してカプラーをISCVに入れて測定しました。
 
 
 
センサー類も点検 バキュームセンサー
 
TPSセンサー スロット開度に合わせて綺麗に変化します。
 
 
結局 原因はわからなかったです。  症状がひどくなるまでしばらく様子見るしかないですね。
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください