パジェロミニ シフトコントロールケーブル交換

パジェロミニH58AのATシフトコントロールケーブルの不具合です。 ATに取り付けるプラスチックの爪が折れてしまってます。 応急的に留めてますが、少しガタがあって

NポジションでNランプが点かなかったりします。 今回中古が手に入ったので
交換します。

シフトレバーからケーブルを外します。 ケーブルを取り付ける時はニュートラルにして

AT側に軽くインナーケーブルを押してガタ詰めをしてからナットを締めます。
それをしないとシフトが正しく入らなかったりします。 ハンドルロック状態でキーが
抜けなかったりする場合はキーインターロックケーブルとシフトロックケーブルの
調整をします。

フロア下側の2本のボルトを外すとカバーが外れます。

トランスファーが邪魔でケーブルのクランプが外せません。 なのでトランスファーを

少し下げます。 整備解説書ではフロントプロペラシャフトも外すと書いてますが、
少し下げるだけなので外さなくても出来ます。

このくらい下げると手が入ります。 手がタコのように柔らかい人ならトランスファーを

下げずに出来るかもしれません。

上が爪折れのケーブル。 古い車のプラスチックや樹脂部品はすぐに折れるので

困ります。  バルブボディを外す時もソレノイドバルブのハーネスに付いてる爪が
よく折れて困ります。 爪を折ればソレノイドアッシーで交換になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください