ミニキャブトラックに ターボエンジンを積んでみました 

タウンボックスの3G83 ターボエンジンをミニキャブトラックに積んでみました。 

電装編 https://kobashiengei.com/u61w-u61v-u61t-minicab-townbox/6649/

エンジン編 https://kobashiengei.com/u61w-u61v-u61t-minicab-townbox/6628/

内装編https://kobashiengei.com/nocate/6591/





エンジンは同じ3G83なのでターボ付きでも車検は問題なく通ります。
今回は5速MTから4速ATにミッションの変更があったので改造申請をしました。
ミニキャブトラックにも4速ATの設定があるので比較的簡単にできました。
プロペラシャフトの強度計算は必要でした。 
車検証の型式にU61T改が付いててしまいます。自動車保険が高くなるのかと思いましたが、三井ダイレクトの自動車保険の場合は特に問題ないそうです。






改造自動車審査結果通知書 です。MTからATミッションに変更になったので変速機型式が変わって、重量も変わってます。 





書類の事前審査の際に動力伝達装置強度検討書を添付します。
プロペラシャフトの肉厚、内径はメーカーの諸元表が無ければわかりません。
たまたまスクラップのプロペラシャフトが有ったので切断して計測しました。






4件のコメント

  1. こんばんはー。
    エンジンの載せ換えって、かなり手間がかかるのですね〜。
    でも軽トラにターボなら、凄く快適になったのではないでしょうか?。
    費用的にもどれ位かかるのか気になるところです。

    1. かなり快適になりました。 タウンボックスターボの重量940KG のエンジンを710KGのミニキャブ トラックに積むと
      約200KGほど軽くなるので異次元な体験です。 費用的にはタウンボックスターボ1台分プラスアルファ ですが、
      なんやかんやと1ヶ月くらいかかりました。 

  2. 初めてコメントさせて頂きます。
    自分はタウンボックス福祉車両に乗っていますが、同様に2年前にAT⇒MTに構造変更を行ないました。
    自分の場合はMT自体は同出力、その他変更部品はターボ仕様の流用と言う形で仕様書とCAPSデータを使い計算書無しで変更通しました。
    また、ekスポーツのブレーキで14インチディスク化もしています。
    現在は丸車で入手したターボ車を分解中で、この冬に載せ換え予定にしています。
    その意味で先達の知識は非常に役に立ちありがたく思います。
    しかし、スタビリンクで足廻り強化を考えるとパワステユニットを足廻りのサブフレーム毎で換えないといけないので大変ですね。

    1. コメントありがとうございます。
      ターボ車を手に入れたのですね。
      この冬の積み替えを楽しみにしてます。また結果をお知らせ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください