リード50にリード90のエンジンを積む

リード90が事故で全損になったので、生きてるエンジンをリード50に積みます。
 
 
 
 
 
エンジンは基本的にほぼ同じなので、そのままスワップできます。
電気配線のハーネスも入れ替えます。 そのままでも使えそうですが、年式が違うからか90のはヘッドライトスイッチが付いてる
ので90のハーネスを使います。
 
 
 
カウル類は50のを塗装して使います。
 
 
 
 
 
50と90の外観の違いは、矢印のエアーダクトがあるかないかです。
 
50には付いてません。 駆動系の冷却のホースみたいです。 90のはホースがフレームに繋がってて
ハンドルの下あたりの穴で解放になってます。
 
 
 
 
ついでに駆動系も新品にしました。 プーリー、ベルト、クラッチ。
 
 
 
1年半後にエンジンかからなくなりました。 点火プラグのスパークを見てみましたが
まったく火が飛んでません。
考えられるのは イグニッションコイル、CDIユニット、エキサイタコイルのどれかです。
CDIユニットを外して ハーネス側で電気が来ているか見たらエキサイタコイルからの
コンデンサチャージ電源が来てません。 エンジンをスターターで空回しさせたら
少しは発電された電気が来てるはずです。 黒/緑の線は途中で黒/赤に変わって
エキサイタコイルにつながってます。 抵抗値はかなり高くて、1MΩくらいあります。
スペアのエンジンのエキサイタコイルの抵抗値は400~500Ωです。
コイルとパルサーをごっそりスペアのと交換します。

 
黒いテープで巻かれてるのがエキサイタコイルです。

これがスペアのエンジンから外したコイル。 500Ωです。
取り付けてセルを回してみたら50Vくらい電気が出てました。
青/黄の線はパルサーで抵抗値は100Ωくらいです。 パルスジェネレーターとしては
妥当な値です。 緑はアース、黒/白はメインスイッチを通ってアース、白と黄色は
バッテリ-チャージと灯火類の発電みたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください