グラインダーホルダー製作 

グラインダーは本来、手で持って作業するものなので被研磨物を固定してグラインダーで磨いたりします。

しかしながら時にはグラインダーを固定して作業したい時もあります。 そんな時はグラインダーを足で踏んで
固定したりして危険なことをしてしまいます。 万力やバイスで固定しようと思ってもグラインダーのボディは
平行でないので固定できません。 万力で無理やり締めたら破損してしまいそうです。
なのでグラインダーをクランプしやすくするためにホルダーを作ってみました。
アルミのCチャンネルが調度いいサイズだったので利用します。

グラインダーのハンドルを取り付けるM10の穴を利用しますが、 約13度ほど傾いてます。

切り込みを入れて曲げてみます。

ブラシホルダーが当たるので逃げを作ります。

仮付けしてみたら意外としっかりしました。

バイスで締めても大丈夫みたいです。

上向きの固定しかできませんが、 Lアングルをボルト留めしたら横向きでも固定できそうです。

ボルト留め用に前後にスペースを空けてます。

上側にカバーを付けてみます。

グラインダー本体と側面に隙間がないのでナット締めできないからタップ立てて留めます。

Cチャンネルを抱き合わせて角にして横方向へもバイスで固定できるようになりました。

グラインダーのディスク面がホルダーと平行になるように調整します。 +穴付き全ネジでタップ立てたカバーに

締めこんでグラインダー後部を固定します。 グラインダーの下に板を敷いて調整しました。

グラインダーは何台か持ってますが、ハンドルのボルト穴がM10なのは日立工機のこのモデルでした。
他のグラインダーはM8だったりハンドル用の穴が無かったりでまちまちです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください