H58A AT脱着

H58A AT脱着の手順メモ
 
ATFを抜く  オイルクーラーの配管より エンジン アイドリング Nレンジで ホースをつないで容器に受ける
オイルクーラーの配管は2本出てますが、パジェロミニは下側がオイルクーラへ行くパイプ、上側が
オイルクーラーから戻ってくるパイプです。
 
ATFレベルゲージはずす   バッテリーマイナスはずす
 
ソレノイド、パルス、油温、キックダウンサーボスイッチ の各カプラをはずす
ソレノイドのカプラーはエンジン後部の上側 インタークーラーの後ろ
パルスセンサー、油温センサーのカプラーはエンジンルーム運転席側
ATからのブリーザーホースもここ(年式により付いてない)
 
ATコントロールケーブル、レバーはずす インヒビタスイッチはずして吊っておく
 
Fプロペラ はずす。 ミッションサポートが付いたままでもFプロペラシャフトは
なんとか抜けます。
 
 
 ジャッキアップ センタープロペラ はずす。
マフラーとエキマニの接合をはずす。  マフラーはひもで車体外側に向けて引っ張る。
 
フリーハブのアクチュエータはずす。 クリップを横にずらしてピンを抜きます。
上のM8のボルトは取りにくいです。 アクチュエーター取り付けボルト2個
バキューム配管取り付け1個 。 ミニラチェットがあれば楽かも
 
 
ATのフロントプレートはずす
ドライブプレートの取り付けナットはずす。 
ターボ車はナット3個  NA車はボルト3本  クランクにレンチをかけて回り止めをしてから
緩める。 
ナットは緩めたら必ず取り外す。 緩めて付けたままだとクランク回すとエンジンに当たる。
全部外れたら、トルコンを奥に押し込む。
ミッションサポートはずす
 
AT取り付けボルト 4本+ セルモーター2本 はずす
 
トルコン残らないようにATおろす
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください