パジェロミニ 朝一 油圧がかかるまでタイムラグ 

パジェロミニ H58A ターボ

朝一 とか 長時間停めた後のエンジン始動で10秒くらいATの油圧がかかりません。
10秒くらいのちにDレンジやRレンジだとドンとショックが出ます。
その時にATからジュルジュルと異音もします。
ATFが充分に入ってない時の感じですが、ATFは少し多めに入れても改善しません。
温間時の油圧は正常値でした。  バルブボディも交換してみましたが同じでした。
レデューシング圧4.5kgf/cm2 ライン圧を8kgf/cm2です。
オイルポンプの不具合とみて分解してみます。
パジェロミニ AT 修理
パジェロミニ AT 修理

ギアの裏側に線傷があります。

パジェロミニ AT 修理
パジェロミニ AT 修理

ポンプのケーシング側にも傷があり一部は削れてます。

これが原因で停めてる間にオイルポンプ内のオイルが抜けて、次に始動した時に
エアを噛むのかもしれません。 10秒くらいするとエアーが抜けて油圧がかかるのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください