直流インバーター溶接機 電流が不安定 

中国製の直流インバーター マルチ溶接機 CT-416 が調子悪いです。

マルチ機で アーク溶接とプラズマ切断機 と TIG溶接が出来ます。
最近アーク溶接で1mmくらいの薄板を溶接したのですが、 1.6mmの棒で 30Aくらいの電流で
始めたら最初は調子よかったのに途中から突然アークが強くなって穴が開いてしまいました。
6mm位の鉄板に2.5mmの棒で100A位でやったら途中から線香花火状態になったりもします。
いくら腕が悪いとしてもこれは変です。  溶接機におちょくられてる感じでイライラします。

まずはカバーを外して内部を掃除しました。 エアーで吹くとカメムシの死骸が出てきたけど焦げてる様子

も無いので一安心。 トランス、パワートランジスタ、リレー等 見た感じでは焼けたり割れたりは無いです。

ダイヤル2くらいで 213Ωです。 MAXで1KΩみたいです。

ダイヤル4でいきなり 625Ωに上がりました。  ダイヤル5で500Ωのはずなので逆転現象です。
Bカーブなので比例して上がっていくのがふつうです。

ダイヤル7で 832Ω  でもダイヤルを動かすと変な値になったりします。

電流調節のボリュームを分解してみます。 中華の製品はボリュームがよく壊れます。

ミニ旋盤も回転数調整のボリュームが壊れました。  ブラシが当たるカーボンの部分を清掃しました。
ボリュームの型番は RV28 B102  中国の HUNGYUN製  径28mm Bカーブ 1kΩ
同じ型番のがアリで売ってました。 送料入れて800円ほどです。  ただしアリで買うと到着まで
1か月くらい待たないといけないので困ります。
カーボンの清掃でとりあえずは直りました。 抵抗値もスムーズに上がります。 ボリュームが到着するまでは使えそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください