ロビン エンジン 修理 

かなり年代物のロビンエンジンです。 エンジンかかりません。  キャブレターと点火系のメンテナンスをします。
 
 
キャブレター清掃と 各ジェット類の詰まりを通します。
想像異常に酷いです。 
 
 
ジェット類は完全に詰まってました。
 
 
フライホイールを外します。
 
 
 
今では珍しい ポイント式です。 コンタクト部は荒れているので 修正します。
点火時期も調整します。 
 
 
 
エンジンはとりあえず回るようになりました。  リコイルスターターじゃなくて 紐を引っ掛けて巻いてから
エンジンをかけます。 
三笠タンピング ランマー MTR-80SR 
久しぶりにランマーを使おうとしたらエンジンがかかりません。
エンジンはロビン EC100です。
キャブレターがオーバーフローしています。
ニードルバルブにゴミが噛んだのでしょう。
叩いたら直る場合も多いですが、今回はダメみたいなので
キャブをばらしてみます。





外したキャブです。

フロートアームを外します

ニードルバルブです。 段付き摩耗とかはしていませんね。 

ニードルは入る穴も大丈夫みたいです。

パイロットジェットも掃除します。  パイロットエアースクリューも外してラインを掃除します。

メインジェットはフロートチャンバーを止めてるボルトの中にあります。

一通り掃除したら完了です。

----------------------------------------------------------------------—-
海外製発電機 ELITE ES2400J&
nbsp; エンジンはロビン EX17です。
エンジンが始動しません。 点火プラグはスパークしてます。

キャブレターを外してオーバーホールしてみます。

ガバナーのリンクとスプリングを曲げないように外します。

キャブレターは分解して各ジェットを清掃します。

内部は意外と綺麗で詰まってる様子もなかったです。
しかしエンジンとキャブレターをつなぐインシュレーターのガスケットが損傷してました。
ガスケットシートを切って作ります。 古い機械のガスケットやOリングは部品注文しても
時間がかかったり無かったりするので自作します。
ボルトのピッチとボア径さえ合わせれば少々はみ出ても大丈夫です。

ボルトの穴はポンチで正確に開けます。

組み付けて試運転したら問題なく動きました。
インマニのガスケットはエアーを吸えばエンジンがかからなくなるので大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください