EKスポーツ H81W ヘッドガスケット、タイミングベルト交換 

AT修理でエンジン、ミッションおろしたついでにヘッドガスケットとタイミングベルトとオイルシール類を交換します。

EKワゴン、EKスポーツ はミニキャブやミニカ、タウンボックスと 同じ3G83エンジンです。
リアのオイルシール、 フロントのオイルシール、 オイルポンプのオイルシール、 カムシャフトのオイルシール
 オイルクーラーのパッキン を換えていきます。  クランクのオイルシールはリコールになってるので
抜け止めのプレートが付きます。 三菱ディーラーで無償です。

オイルクーラーのパッキンもよく漏れる箇所です。

シリンダヘッドのバルブシート気密テストをします。  まずはEXの NO1、NO2 NO3はバルブが開いてる
のでカムシャフトを回して バルブを閉じてからテストします。 

ヘッド面のひずみを調べます。 0.03mm以下なので大丈夫です。

ブロック上面も調べます
ヘッドガスケット置きます。

締め付けトルク 64N.m 

タイミングベルト付けます。

タイミングベルトの合し方は カムシャフトスプロケットのマークが バックプレートの合いマークのインテーク側の方に合します。 2ヶ所合いマークがあるので注意です。 EX側の合いマークは ベルト張力テスト用です。
クランクスプロケットも合わし、 オイルポンプのスプロケットも合わします。
クランクを2回転ほど回して 合いマークがずれてないか確認しますが、 オイルポンプの合いマークは
もう合いません。

オイルポンプのスプロケットはバランサーシャフトにつながってるので ブロック横のプラグを外して
細いドライバーを突っ込み 6~7CM入れば バランサーシャフトのタイミングもOKです。

タペットカバーパッキンと プラグホールガスケットも交換します。

インマニのガスケットも交換

補器のベルトも交換します。

ターボの配管関係のガスケットも交換します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください