タウンボックス U61Wターボに ノンターボの4速ATを積む

U61Vミニキャブ(クリッパー)の4速ATをOHしたので、ロードテストのために当方のU61Wターボに積んでみました。
ターボとNAではボディのATの取り付け部が違います。 ATのエクステンションハウジングも違います。
今回のは年式がかなり違うので、ハーネス関係やスピードセンサーも違います。
 
まずは取り付けます。 これだけ取り付け部が違うので 延長アルミカラーを作って合わせます。
U63WとU61Wターボのエクステンションハウジングは同じです。
 
 
30mmのジュラルミン丸棒から作ります。
 
 
 
 
これで長さ方向は合います。 取り付けが高さで15mmほど高くなってしまいますが、許容範囲だと思います。
 
 
 
ドライブプレートも変えます。
 
 
車に積んだところです。  年式が違うので ソレノイドカプラーが車両側が4極 AT側が6極です。
変換カプラーを作って合わせました。 テスト走行でも問題なしでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください