電動工具 バンドソー ストレートグラインダー他

KOSOKU HRB-1130 と言う古いバンドソーですが、通常は手で持ってパイプなどを切断するタイプです。
これにスタンドを付けて立てて使います。 コンターマシンのように小物の切断に便利です。







 

スタンドに立てるためにパイプを長い丸棒に交換します。






スタンドは要らなくなったボール盤の土台部を使いました。 丸棒と土台の径が違うのでスペーサーを製作。






鉄板を皿ネジで取り付けるので穴をすり鉢状に開けてネジの頭を沈めます。 バンドソーの刃が通る所は長穴加工しました。






ついでにベアリング10個交換しました。 鉄板を取り付けようとしたらベアリングを干渉するようです。
2mmの鉄板を間に入れて当たらないようにしました。
















ボルトを切ったり小物を切ったりするのに大変便利です。 高速カッターでは切れない小物もこれなら端を1mm落としたりも出来ます。



ストレートグラインダー 固定治具

ストレートグラインダーをミーリングバイスに固定する治具を作りました。
手で持つ位置の円筒部分に治具を取り付けミーリングバイスで固定します。






アルミブロックを6面そろえました。 フェイスミルで平行を出し手持ちの一番大きいドリル30φで穴を開けます。






ボーリングツールで30φから38.2φまで穴を拡げます。 ストレートグラインダーの円筒部分は精密には出来て無いので径は38.2~38.7mmと少し粗いです。 最小径の38.2mmで穴を開けました。






ストレートグラインダーは持つ部分は38mmでも先端部は50mmφくらいで太くなってるので
すり割りを入れただけでは入らないから完全に切り落としてセパレートタイプにします。
サイドカッターで切りました。






右側にすり割りを入れて左側を切り落とす時は右側のすり割り分に刃の厚みの板を入れて切りました。
そうしないと切り落とす時に右側に傾いてしまって水平に切れないです。






タップ立てて完了です。 締め付けはM8ボルト4本ですが、沈みを入れてキャップボルトで締め付ける予定です。







焼き入れ鋼とかで刃物を使えない時に砥石を回して削ります。 旋盤で使うツールポストグラインダーみたいなものです。主軸は傾ける事が出来るので角度を付けて削ることも可能です。 







マキタ アングルドリル チャック交換

マキタのアングルドリル チャックの爪が欠けてるので交換しました。 チャック取り付けは 1/2-20UNF です。
これがなかなか難儀しました。 チャックの爪側の緩み止めの逆ネジは簡単に外れましたが、チャック本体が
なかなか緩みませんでした。






17mmの薄スパナで回り止めしてチャックに咥えた六角ソケットを長いバーで回したのですが固くてなかなか緩みません。 CRCを前日からたっぷりかけてたのですが。 おもいっきり力を入れたらスパナが折れてしまいました。






薄スパナだと強度が無いのでアングル部のベベルギヤまで外しました。 







5mmの鉄板をバイスで挟み込んで回り止めにしてチャックに咥えた六角ソケットを回してみましたが鉄板はSS400だったのでいがんでしまいました。






最後の手段でベベルギヤとベアリングを外しました。







メガネレンチが入るようになったのでメガネを万力に挟んで思い切り回すとやっと緩みました。






ベアリングはMONOTAROで300円くらいで買えます。 ついでにベアリングも交換します。







チャックを外してアングル部を逆に付けると高速回転が出来ます。  チャックは時々外しておかないと固着して外すのが大変です。 チャックが外れないと高速と低速の変換ができないです。






爪が壊れてるチャックを分解してみます。 ちょうどいいサイズのベアリングレースを外輪の尻に当てて
チャックの先をたたくとスポッと抜けました。 反対側に抜けるタイプもあるようです。 






爪はマーキングしておいて同じ位置に戻します。 綺麗にしてグリス入れて組んだらすごくスムースに動きます。
捨てるのがもったいない感じです。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください