回転座椅子の修理 アルミカラースペーサーを作ります

すごく気に入ってる回転座椅子が壊れたので修理します。
回転する軸がガタガタになって リクライニングすると後にこけそうになります。
危ないので 軸と軸受け部分に アルミでカラースペーサーを入れて ガタをなくします。
 
もともとは軸受け部分に 樹脂のブッシュがはまってましたが 長年 重い体重を支えているうちに
破壊されて 無くなってました。
 
適当なサイズのパイプを切断します
 
 
ヤフオクで3500円の アルミ用 チップソー アルミパイプなら割と綺麗に切れます。
丸棒40φくらいでも 簡単に切れます。  
 
 
内径を ボーリングして 予定のサイズにします。
 
 
外径も削ります スローアウェイバイトはよく削れます。 アルミ用のチップです。
 
 
 
面取りして こんな感じになりました
 
 
座椅子の 足の軸にはめてみると 回転もスムーズでいい感じです。 
 
 
カラースペーサーは 椅子の軸受け部分に挿入します。 念の為 オートウェルドを塗って入れました。
 
これで終了 ガタもなくなり 快適な椅子になりました。 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください