H58A H53A キックダウンサーボの調整

特殊工具が必要ですが、 ロックナットさえ緩めばなんとかなります。
純正工具は2万円弱
そこらに転がってたアルミ部品を削って ロックナットの回り止めにします。 変速不良の原因の一つのキックダウンサーボの不良ですが、 パジェロミニの場合AT載せたままK/Dサーボを調整するのはかなりきついです。 タウンボックス、ミニキャブなら簡単に調整できるのですが。H58Aの場合 ミッションサポートはずして オイルクーラーのラインのパイプもはずさないと無理です。  標準は4回転戻し、 2回転戻しとか 5回転戻しとか いろいろやってみました。   
K/Dサーボのシリンダー側が段付き摩耗してる場合、 調整して少しでも位置が変わっただけで 2速でショックが出たり3速や4速が滑りだしたりします。 やばいATの場合は触らないほうがいいですね。 
ATケースのバルブボディからキックダウンサーボに油圧が行く穴にエアーを4Kg/cm2くらいかけて
キックダウンピストンのロッドが2ndブレーキをスムーズに効かせてる位置を見つければ直る事もあります。
キックダウンサーボのシリンダー側の磨耗が直径で0.5mm以上あればやばいです。 
キックダウンサーボ SST 
 
 
 
 
 
 
 
 
キックダウンサーボのリリース側のエアー抜きプラグ。 ここも洗浄します。 
 
 
 
 
 
このへクスのボルトを外すと出てきます。 
 
 
 
 
リリース側の上部の穴からエアーが抜ける構造になってます。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください