初めての裁縫。ミシン始めました。

軽トラの荷台シートが破れたので補修しようと思いミシンを買いました。ヤフオクで古いミシン JUKIのHZL-7500 THEミシン と言うのを800円で買いました。 ミシンは使ったことないのでネットで勉強してなんとか縫えそうな気になったので荷台シートを修理してみます。





 

シートを引っ張り過ぎて裂けてしまってます。





穴も開いてます。





針は16番のデニム用を使い糸は30番の少し太いのを使います。





ターポリンが有ればよかったのですが、合皮の余った生地があるのでそれをパッチに当てます。以前に椅子を修理した時の余りです。その時はタッカーで留めたので縫うことは無かったですが、今回は初めてのミシンなので不安です。





とりあえずパッチを当てて適当に縫ってみました。





ここはハトメが邪魔なので取り外します。 サンダーで少し削って外します。





外れました。





合皮なので押さえが滑らず難しいです。 押さえを合皮用に替えればいいのですが、持ってません。 





しわになってしまいましたが、なんとか縫いました。





ポンチで穴を開けて。





ハトメを付けました。











シートも端の方はいいのですが、中の方を縫う時は小さいミシンでは大変です。ふところに折りこんでしわにならないように手で引っ張ったりしながら縫いました。




ついでに鎌と斧のカバーを作ります。 





合皮が滑らなくて悪戦苦闘したのでKUREのシリコンスプレーをかけました。そしたら滑りが良くなって楽に縫えるようになりました。





鎌ケース2個と薪割斧ケースを作りました。





外れないようにマジックテープで留めました。





テーブルソー丸鋸台にカバーを作ってみます。







3000#のブルーシート パイプ倉庫の屋根に使って1年で交換するので毎年大量のブルーシートを捨ててます。 屋根には使えないけどカバーくらいならまだ使えそうです。 







このパイプハウスのブルーシートは破れる前に毎年1回張り替えます。当然大量のゴミが出るのでなんとか再利用できればいいなと思ってました。





道具類は湿気が大敵ですから。 







ミシンの中を見てみたらホコリまみれだったのでエアーで飛ばしました。





垂直釜の溝にミシン油を少し注油します。





上下に動くロッド部とクランクにも注油。 動きが軽くなりました。 













ミニキャブトラックの座席シートが破れてます。 軽トラのシートはすぐに破けます。 運転席シートの右側が降りる時に擦れるみたいです。 全メーカーの軽トラに共通して破れます。 仕事で使う場合が多いから乗り降りが激しいのでしょう。 今回は破れてる部分だけを補修してみます。





シートの土台を取るとゴミとホコリだらけです。





4か所リングで留まってます。





リング以外はプラスチックのコの字型のレールが座面の鉄板にはめ込んでるだけです。





これがプラスチックの部分。 シートの皮が縫いつけられてます。





リッパーで縫い目を切っていきます。





破れてるパーツを外しました。





ビニールレザーに型を取って切り出しました。 





座る面とサイドの面の合わせ目はカーブになってるので純正シートは小さく切れ込みが入ってます。 同じように切れ込みを入れて縫いました。





プラスチックの部分にはミシンでは針が通らないので手縫いしました。







リングで留める部分は補強が入ってます。 外して付けるのは面倒なのでハギレを3重に折って縫い付けました。





縫い終わったらプラスチックの部分を鉄板にはめ込んでいきます。





サイドはリングで留めます。





シートアジャスターが固着ぎみだったのでスプレーグリースをかけます。レバーを引くとロックが外れてスライドするようになりますが、そのロックのシャフトも固着してたので注油して軽く動くようにしました。





しわが取れませんがとりあえず完了です。 もし次回もすることがあればサイドのプラスチックの部分に縫う時、原寸より10mmほど小さく縫えばちょうどいいかもしれません。 ビニールレザーは伸びるので小さ目で伸ばした方が綺麗に仕上がりそうです。







押さえを買いました。 下側にローラーが付いてて滑りが良くなります。ビニール系で悪戦苦闘してましたが、これは優れものです。 手で引っ張らなくても大丈夫です。 





今まではシリコンスプレーかけたり手で引っ張ったりしてましたが、これなら普通に進んでいきます。 4枚重ねのビニールレザーもスイスイ進みます。最初からこれを使ってればよかったです。






ブラザーの工業用ミシンを譲ってもらったのでフレコンバッグの改造をしました。

brother 工業用ミシン本縫い用 DB2-B737-413 
やはり工業用はパワーが有ります。 20番の針と8番の糸でフレコンバッグを改造しました。
18番の針と20番の糸の方が縫いやすいです。 8番の糸はかなり太いので糸調子がなかなか合いません。
真っ直ぐ縫うのは大丈夫ですが、自動返しに設定するとエラーになります。






フレコンバッグの底の排出穴を塞ぎました。 剪定屑入れにするので穴が有ると都合悪いです。






丈夫なゴミ袋になりました。高さを2/3くらいに縮めました。 大きなポリ袋は案外高価です。 枝とかですぐに穴が開くのでフレコンバッグは便利です。 中古だと300円くらいで買えました。







今回は軽トラックの軽貨物仕様の幌を作りたいので大型トラックの荷台シートを切って軽貨物のサイズに切りました。 これの切り口を折り返して縫ってハトメを付けます。





軽貨物の幌はハトメをたくさん付けてサイドパネルに付いてる長い棒に編み上げるように取り付けます。それなりに強度が無くてはきつく編み上げられないので太い糸と針を使おうと思います。 糸は超厚物用の5番で針は23番を使います。 しかしこのミシンは工業用ですが厚物対応でないので針棒がDB-1の18番までしか付けられません。
DB-1は19番以上になると針の取付軸が太くなってしまいます。DB-1の18番が取付軸径1.62φ 19番以上が2.02φになります。 23番針は無理なのかと調べたら DBxA20#23という針が有りました。 23番針でも取付軸径が1.62φなのでこのミシンに取付可能です。 針が太くなるので釜の剣先と針のクリアランス調整が必要です。
釜の取付軸のネジを3本外したら釜がフリーになるので針と剣先の隙間が0.05mmになるように調整します。
針と釜のタイミングも合わします。



DB-1の場合は針棒に刻んでる線の上から3本目が針棒の最下点で上から4本目の線が針と剣先が合う位置です。
その時の針と剣先の隙間は0.05mmくらいになればいいみたいです。 コピー用紙の厚みが隙間に入ればいいくらいです。 



調整する前に釜を外して洗浄したりサンドペーパーで磨いたりしました。 剣先に傷が入ってましたので糸が引っかかって不具合の原因になりそうだったから念入りに磨きました。 釜を外すと長年のゴミが溜まってました。 内釜と外釜の摺動部に少し油を付けました。 





針板も針が太くなるので穴径を拡大して面取りしました。 1.8φから2.5φに拡大して面取り後サンドペーパーで通しました。




下送り歯を調整しました。 標準より少し高くしてみます。 シックネスゲージで高さを見ながら合わせていきました。 結構固いので軽くたたかないと上がってきません。 





下送り歯の高さは 中薄物で0.8mm 厚物で1.2mmとなってます。 





上糸調子器も洗浄して磨きました。 





ピンピンスプリングの調整 これ結構難しいです。 6~8mmがよく分かりません。 とりあえず合わしてからプーリーを手回ししてピンピンに力が掛り始めた位置でミシンを上げて釜の剣先の位置で確認しました。







試し縫いしてみました。 デニム重ねても普通に縫えました。しかし5番糸は太いです。・





2件のコメント

  1. こんばんはー
    ご無沙汰しています。
    ミシンまでマスターするなんて器用ですねー
    でも裁縫って出来れば、何かと便利ですよね。
    しかも普通に使えるミシンが800円って激安ですね!

    1. jyojyoさん コメントありがとうございます。
      ミシンはソーイングマシンというだけあってすごくメカニカルで、すっかりはまってしまいました。
      マスターするにはまだまだかかりそうですが、頑張って練習します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください